埋もれ毛のできにくい脱毛器

| トラックバック(0)
埋もれ毛は埋没毛ともいい、自己処理で脱毛した後によく見られます。毛根を残して脱毛した箇所の上に皮膚ができてふさがった後、再度ムダ毛が生えてきて、皮膚の下にとぐろを巻くような状態でムダ毛が生えてきたものです。皮膚は薄いので穴を開けて処理できないことはありませんが、あまりに本数が多いと脱毛器で処理することもできない上、見た目もあまりよくないのでできれば予防したいものです。
家庭用脱毛器の中では、物理的にムダ毛を引き抜くタイプよりも、光を当てて脱毛するタイプの方が埋もれ毛はできにくいです。毛穴の上に皮膚ができるのは、強引にムダ毛を抜いた時の穴を体が傷とみなしてふさごうとするからです。光を照射するタイプの脱毛器は、その場でムダ毛を引っ張るのではなく抜けやすくするだけですので、ムダ毛が抜けても体が傷と勘違いすることはほとんどありません。
埋もれ毛はほうっておくとやがて消えますが、何ヶ月もかかりますしシミになることもあります。できるだけ避けましょう。

こちら(⇒http://www.indoexperience.com/)のサイトでさらに詳しくみる


トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2013年11月26日 13:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブログを参考にして酵素ダイエットを行おう」です。

次のブログ記事は「酵素ドリンクのファスティープラセンタを飲んでデトックス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30